the mousou

え?

そりゃ怖いですよ。こんな大海原…
360度、見渡す限り何もないんですから。

でもここに来たのも、思い返せば自分から向かってきたんですよねぇ。

ここは、
何にもしなきゃ、何にもない。
良くも悪くもならないんです。


はい?

そんなん、寂しいに決まってますよ。
とある知り合いの言葉を借りれば「人間が唯一、一生かかっても乗り越えられないのは孤独」ですから。
でもねー、ここにいる事が、私の場合、ピリピリっとなって、メリメリして、「ご褒美だな…」と思う程、楽しい事になったりするんです。


ん?

いやいや、楽しく生きていたいだけなんです。
どこの何のどの瞬間が「楽しい」かは人それぞれですけど。



…はい。

そういう事です。
楽しくしたくて、ここに来たんです。







以上、私の得意分野、妄想の記者会見でした。
書いといてなんですが、どうか、気にしないで下さい。ネ。



夢診断

ここ最近、知り合いのバイクや車を盗む夢を見る。

運転できもしないのに、一生懸命運転して、ギリギリ事故らないけど、逆走したりして、かなりきわどい。

起きて夢だとわかるとホントに安堵。そしてどっと疲労…

夢診断によると。
「盗む」

盗む対象のエネルギー・立場・運を奪いたい思いの象徴
問題発生の象徴
積極性・自己解決心・自立心の高まりの象徴


んー

解らなくもない…かもしれない。

素朴な疑問

小学生の頃から思ってた事。


電車を2つ乗り継ぐ時、

1本目の電車で異常に眠くて爆睡した時、2本目の電車では全然眠くない。
1本目の電車で全然眠くなかった時、2本目の電車では異常に眠くて爆睡。

どーでもいいんですけど…

かれこれ15年以上抱えた疑問です。

純粋

2月のREVOリハがいよいよ本格的に始動。

1ヶ月きってますから〜〜〜〜〜((((((ノ゜゜)ノ

この現場のリハの空気が大好き。

踊り始めて15年以上たつ私が下っ端のおぼこ位、ベテラン先輩ダンサーの方々が集まって、「回りすぎて目まわってたのに、反対回りしたら直ったぁぁぁー」って感動してるんです。
私が言うのは失礼ですが、純粋すぎるでしょ。
あ、でもこれホント。ホントに感動的でした。


うまく説明できないけど、純粋で邪気がなくて、品がよくて質が高い。
くだらない事も沢山します。
品のよいくだらなさ。質の高いくだらなさ。
くだらない事も本質をとらえようとしてて、悪ふざけやうちわうけとの違いを知ってて、全力。
かっこいいなと思います。
この空気の中にいられるのが楽しい。

くだらない事も勉強になる現場です。

風雲!たけし城

CS放送で昔の番組をよく見ます。
最近見たのが、「風雲!たけし城」。

懐かしいでしょぉぉー。

子供の頃よく見てました。

今見ると…

なんともアナログな番組なんです。

多分当時はそれが普通だったんでしょうが。

20年位の間に、どれだけ身の回りがデジタルになったかを実感します。

という位アナログ。

だって最初なんて、挑戦者は、金魚すくいで使うような、薄い紙のついた丸いのをおでこにつけてる。
で、軍団側が、色の付いた水鉄砲で、ちょいちょいって攻撃する。
で、金魚すくいの紙が、色水で破けたら負け。

あなろぐ!

でもおもしろいんです。
めちゃくちゃおもしろいんです。

なぜなら、挑戦者は、金魚すくいに色水がかかるまいと、ものすごい必死で、必死が故にありえない体の形になってるのが、異様におもしろい。

池に石が幾つかあって、その石を踏み台にして池を越えればクリアというアトラクションも、その石のうち幾つかが実は石ではなく、石に似せたスポンジになってるので、体重をかけると沈んで池に落ちちゃうという、なんともシンプルなしくみ。
そのスポンジの割合と、石と石の距離が絶妙で、いい感じに挑戦者がぎりぎり石にとどかなくて、池に落ちるのがめちゃめちゃおもしろい。

ただの迷路のアトラクションも、無駄に怖い外人が中に潜んでいて(この外人がホントに怖い!)、その外人に出会わなようにゴールできればクリア。
その迷路を真上から撮影してるので、見ている側は、挑戦者と、怖い外人の居場所がわかって、迫りくる感じとか、それだけで、めちゃドキドキするしおもしろい。

何をこんなに熱く説明してるかと言うと…
今もアトラクション的番組はよくあって、たけし城に比べたら相当お金がかかっていて、ゴージャス。
でも、おもしろさの根本は全然変わってないような気がしました。

石と石の絶妙な位置や、カメラアングルとかの工夫次第でいくらでもおもしろくなる。

お金をかけるってなんだろうって思ってしまいました。

逆に言えばお金かけなくても、工夫次第でいくらでもできる事はあるという事ですね。
そう思うと光が射します。



未送信BOX

忙しくなると、すぐにブログの更新を怠る私ですが。
私の携帯の未送信BOXには、何か思いついた時、ブログ用にとメモが残してあります。

タイミングずれて載せられないものもありますが。
今ちょっと見てみたら、こんなんありました。





「自分の声を聞いたとき

 よろこびと
 言葉では言えない何かの広がりと
 同じくらいの孤独がついてくる
 
 キンチョウがとける
 満たされる
 孤独でもある

 同じ人間はいないから
 「ねーそうだよねー」 
 
 といえる誰かなんていないのです。」





…終わり。

ひぃぃぃぃーっ!
く、暗い。
半角カタカナまで駆使して。
暗い。
ε=ε=ε=ε=ヾ(;◎_◎)ノ

自由

お蔭様で昨日32歳となりまして。

高校生の時に、高校野球を見て、「はっ、この人達、同い年なんだ…」とびっくりした記憶があります。
今となってはどの世界で活躍する人も年下が本当に多い。
そんな歳なんですね。という事は気づかないふりをして生きています。

最近自由になってきた気がします。
えー今さら?
元々自由じゃん。

でもそうなんです。
わがまま言うようですが、環境の自由の事ではなく、自分自身の感覚的な自由の事です。
なんにしても。
「こーゆーもんなんだ」
「こーするべきなんだろうな」
という、よく解らないままに「常識」と思われる蓋を自分にかぶせる事をしなくなったように思います。
そしたら、自分でも気づかなかった自分の声が聞こえてきたりして。
物事の本質を見ようとしたら、意外と本質はシンプルだったりして。

作品造りにしても、他人から見られるディテールを意識して、どこか形よくまとめてしまっていた物を、自分の感覚を紡ぎ合わせたら、ちゃんと作品になっていたりして。

この自由は揺るぎない物なんだろうなと思います。
そして私に自由がある様に、私以外の全ての人に自由があるんだなと思います。

自由という海の中を漂い、同じように漂う人達と刺激しあい、楽しい毎日を過ごしたい。
そんな32年目です。



思いやり

みんなそれぞれに大切な物がある。

自分に大切な物がある様に、他の人にも大切な物がある事を理解できる大人でいたい。

みんな違って、みんな平等。



本質

繰り返す中で、いろいろな変更がされていくオリンピックの競技。
それぞれのスキルの高さにも、どれだけの時間を費やしてここまでの肉体を作ったのかと感動する。

でもでも…素人の個人的見解としては、それぞれの競技の本質が大切にされるルールであって欲しいと思う。
柔道がたまにレスリングがプロレスに見える。
新体操が柔らかさ競技に見える。

勝負の世界の中で、芸術性ももっと大切にされて欲しいと願ってしまう。

富田、美しかったぁー。



チェーン店で

同じ商品を頼んでも微妙に味が違ってしょんぼりする事がある。

そういえば昔、「微笑み0円」の大手でバイトしていた頃、朝いちで、シェイクのミキサーを組み立てるのが私の仕事でした。
シロップを出す機械の圧力を調整するのも私。
それが結構自由奔放でした。
今どうかは知りません。その当時、その店では。
圧力が強ければ、その分シロップは沢山出るので。
私が好きなストロベリー味は、私好みでまっピンクにしてました。

チェーン店での味の違いに、文句言えませんね…


プロフィール写真

ダンサー・振付師・インストラクター。
小粒でもぴりりと辛い。小さな肉体が持つ並外れた身体性で、時に強靭に、時に繊細に、幅広い世界観を創り出すマルチなダンサー。
プレーヤーとして、様々な舞台に出演する他、クラス展開・自己の作品創りにも力を注ぐ。
あらゆるジャンルを経験した彼女ならではの、独創的な踊り・振付には定評がある。

[プロフィール詳細はこちら]
代講・休講情報
Find Naoko on Facebook

最近の記事

アーカイブス

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Search

moblie

qrcode